専門家の力を借りて残業代請求を

労働に対し正当な報酬が支払われるのは当然です。

それでも残業代請求を行わなければならない会社も珍しくありません。もし黙って耐えていても事態が好転することはありません。かと言って労働基準局が取り合ってくれるとは限らないのが実情です。それどころか外部に報告したことが露見し、さらに不利な立場に追い込まれることさえあります。

もし相談するのであれば実力と経験がある人物を頼るべきです。残業代請求のスペシャリストは弁護士に他なりません。たとえ社内では権勢を誇っている上司でも法律の前では無力です。正当な権利があることを専門家を通して伝えれば、意外と解決は容易になります。

もし残業代請求を巡って訴訟となってもこちらには法律のプロがついているから安心です。何より相談している段階では他人に知られることもありません。効果的な残業代請求のためには証拠集めが最大の要点となります。タイムカードや勤怠表は基本ですが、改ざんされているケースも多くこれだけでは不十分です。

一方仕事に使っているメールアカウントの記録などは大変有力な手がかりになります。この中には残業の支持などが含まれていることも多く、証拠能力は絶大です。ただ何が大事かは素人判断で見定めるのは困難を極めます。

やはりこれも弁護士のサポートを得て集めていくべきでしょう。効果的な証拠が揃ったら状況に応じて最善策を講じますから、ほぼ残業代請求を成功させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です