残業代請求に実績のある弁護士

一般に残業と呼ばれるものは、何を基準に言っているのでしょうか。

残業という概念には主に2通りあります。一つは労働基準法で認められている労働時間を超えて働いた場合です。労働基準法では労働時間の上限を1日8時間、週40時間以内と定めています。そのためこれを超えて働いた場合、すべて残業になります。

もう一つは会社内で決められた時間を超えた労働が残業となります。たとえば、1日7時間と決められているところ8時間働いた場合は1時間の残業となります。残業が発生した場合は、会社はその残業分の賃金を月々の基本給とは別に支払う義務があります。

もちろん、単に帰る時間が遅くなってしまったというのではなく、仕事をしていたということでなければ残業とは認められません。ところで、残業をしたにも関わらず残業代が正しく支払われないことがあります。

これは会社側の法律違反となりますので、きちんと残業代請求を行う必要があります。残業代請求は会社にたてつくような行為ではなく、被雇用者の正当な権利です。しかし、悪質な会社の場合残業代請求を行っても色々理屈を述べて支払いを渋る場合があります。しかし、どのような理由も法律で定められた残業代未払いを正当化できるものはありません。

もし、会社に改善が見られない場合は実績のある弁護士に相談すると良いでしょう。残業代請求を専門としている弁護士事務所を選び、そこの弁護士とまずは相談してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です