残業代請求は弁護士に依頼すると確実

勤務している会社に未払いとなっている残業代がある場合には、弁護士に依頼することできちんと残業代請求をしてもらうことができます。

自分で交渉することも不可能ではありませんが、企業という組織を相手にするため、法律に詳しい弁護士に協力をお願いして残業代請求を行ったほうが確実です。弁護士は法律全般について知識を持っていますが、実務においては得意としている分野が分かれています。

相談する際には労働問題に詳しい法律事務所を探して依頼したほうがしっかりとした残業代請求をしてもらうことができるでしょう。サービス残業がかなりの時間数になっている場合、過去2年間遡って残業代請求をすることができるのでかなり大きな金額となるでしょう。

弁護士に残業代請求の代理を依頼するときには報酬の支払いが必要になりますが、未払い残業代がかなり大きな金額となるときには依頼する価値は高いといえます。相談できる弁護士を探したい場合には、まずは自治体が行っている無料法律相談会などに参加するのも一つの方法となります。

また、法テラスなどでも困っている内容に応じて労働問題に詳しい法律事務所を紹介してくれることがあります。同じようにサービス残業に悩んでいる知り合いなどに相談すると、よい法律事務所を紹介してくれることもあるでしょう。

いずれにしても泣き寝入りしていると未払い残業代の請求権が時効になってしまうので、早期に専門家にアプローチすることが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です