残業代請求に必要なこと

給料体制は正しく運用されていないことも多いので、残業代の未払いがあれば残業代請求を行うことができます。

このときに必要になるのが何時間分の残業が対象になるのか明確にすることです。

法律上は一定時間の残業が行われるものと見なしてあらかじめ給料に含めておくことは許可されているので、この時間を超えていない場合は残業していても未払いにはなりません。

見込みの残業時間は雇用条件として記載しておかなければならないので、これを見れば残業代請求の対象になる時間を把握できます。

なお、残業代の金額だけ記載されており、見込み時間が明確化されていない場合はこのような規定は無効になるので、残業時間全てが残業代請求の対象になります。

残業時間を把握する際に問題となるのが、固定の給料制度になっているとタイムカードなどで出退勤の時間を記録していないので何時間残業したのか分からないことがあります。

この場合はメールの送信履歴や業務のメモ、日報に時間を記載しておくことで作業を行っていた時間の証拠にできます。

残業代請求をする際の注意点として、会社に制度の運用が間違っていることを指摘して何事もなく受け入れられれば良いですが、色々な言い訳をして請求に応じず、訴訟にまで発展することもあります。

こうなってしまうと残業代が支払われても同じ会社で仕事をしにくくなってしまうので、社員の要望をあまり聞き入れないような会社であれば退職の際に請求をした方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です