管理職の残業代請求について

管理職は残業代請求ができないと思っている人が多くいるようです。

ですが、本来の意味で残業代請求ができないのは、経営者と一体となって経営者が行うような仕事の一部を担っており、
勤務時間については自分の裁量で決めることができ、しかも給料面でも高い待遇を受けている人だけです。

このような、本当の意味で残業代請求ができないような人のことを管理監督者と呼びます。

さて、では実際の管理職はどうでしょうか。もちろん管理監督者に相当すると自他ともに認める管理職もいるでしょうが、どうみても怪しい人もいるのではないでしょうか。

とくに、経営者と一体となっているということに関しては、末端の管理職では経営には全く関与できない、ただ上からの指示に従って仕事をするだけという人もいるでしょう。

会社の方針を決めるような場に参加し、自分の意見を出せるくらいの立場であることが必要なのです。

単に参加しているだけでは十分とは言えません。勤務時間の自己裁量については、これは末端の管理職ならずほとんどの管理職で当てはまらないのが実情ではないでしょうか。

管理職たるもの誰よりも早く出社し、最後まで仕事をしているものだなどという会社は自分で自分の会社の仕組みを否定しているようなものですが、実態としてはそういう会社がほとんどかもしれません。給料面についても同様です。

残業代がなくなった分、係長時代と給料総額は変わらない、むしろ減ったという課長は管理監督者ではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です